×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手掌多汗症の塩化アルミニウム治療薬

手掌多汗症(更年期障害や甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)の治療法には様々な手法がありますが、制汗剤としては、テノール液、オドレミン、エキシウクリーム、などがよくある制汗剤です。手掌多汗症の塩化アルミニウムの使用を止めると、すぐに汗は復活してしまいます。そうなると、汗をずっと止めようと思えば、塩化アルミニウムを永遠に使用し続ける必要があるのです。

使用し続けることによって、手掌多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)の皮膚に直接塗布することで、汗を止めようとするものですが、その症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)自体を治療するものではなく、一時的に汗を止めるだけですのです。

手掌多汗症のために、診療所で処方される塩化アルミニウム水溶液も屈指です。塩化アルミニウムは、要するに根本的な治療法にはなりません。手掌多汗症の塩化アルミニウムはその価値があるのです。とにかく汗が止まるのみでもいいという方には、塩化アルミニウムは重宝すると呼ねれているのです。

診療所で手掌多汗症のための制汗剤(汗のニオイを抑えるだけでなく、香りをプラスした商品も多いでしょう)であることに変わりありません。その成分の違いと、含まれている塩化アルミニウムの濃度を薄くしないと、敏感なためにかぶれる恐れがあります。

手掌多汗症(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)の為に処方されてる制汗剤と、薬局で市販されている制汗剤には果たしてどのような違いがあるのでしょう。
両方共、大きな違いはなく、手掌多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)のための診療所の塩化アルミニウムの濃度に差があるということです。

手掌多汗症のために制汗剤を使用する時は、塩化アルミニウムの濃度は20%くらいになっているのです。診療所では、その方の手掌多汗症の汗の量に応じて濃度を変えることもあるのです。最初は、塩化アルミニウムの濃度の薄いものから試し、手掌多汗症の場合は、特に寝る前がおすすめです。